指導理念

野球というスポーツを通じて子ども達の心と体の成長を養うことを目的にしています。

野球の専門技術や基礎体力だけでなく、あいさつ・礼儀・お手伝いなどの生活指導も取り入れることで、子ども達の学ぶ姿勢を前向きにし、自発的に問題を解決して自立していく力をつける手助けをしていきます。

クラブの特徴・成長の効果

子ども達の心と体の成長の手助けをしていきます。
※全て専任の指導員が指導しますので、親御様のお手伝いや父母会等は一切ございません。

  1. 楽しい野球

    初めての子でも楽しめるように、ゲームや鬼ごっこを取り入れた練習も行います。
    小さい子ども達が興味を持ち継続していくには、遊びを通して「野球が楽しい!」という心を育むことが必要です。

  2. 専任の指導員による本格的な指導

    野球経験のある専任のコーチが指導することで、基本技術(ボールの持ち方、投げ方、フォーム・・・)がイチから身につきます。
    年齢やレベルに合った指導を行いますので、初めてのお子様でも楽しんで活動できます。

  3. 心の指導

    野球という集団スポーツで学べるものは、その技術や体力だけではありません。

    • 「あいさつ」・・・大きな声で返事ができる、元気良くあいさつが出来る子どもを育てます。
    • 「礼儀」・・・「ありがとう」と素直に言える子供を育てます。
    • 「協調性」・・・集団でのルールやマナーを学ぶ中で、「自己主張」のできる子供を育てます。
    • 「競争心」・・・チーム内での競争を知ることで、自ら解決し自立する力を養います。

    こういった心の指導を行うことで、子ども達がこれから社会に出て生きていく上での重要な要素を養う手助けをしていきます。
    教育の一環として、練習後の用具片付けやグラウンドのごみ掃除などは全て自分達で行います。

  4. 知育の効果

    野球は全身の筋肉を使うスポーツです。体を動かすことで、知育(知的能力を向上させる教育)の効果が現ます。
    また、「宿題をやったら練習にいける」といったお約束をお母さんとしている子ども達も多いみたいですね!

  5. 体力づくり

    生活習慣病を予防して、運動不足を解消します。
    「ご飯をたくさん食べるようになった!」という声もたくさん頂いております。

© 2007 Rising Baseball Club.